株式会社リビングソーラー

お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-4082-33

お客様の声 -Voice-

今後の為に湯本 M様邸 パナソニック太陽光発電3.07kw+蓄熱式暖房機7kw・4kw等
平成23年9月設置

リフォーム実例1-1

新築完成予定が東日本大震災で大幅に延期されていたM様邸でしたが、震災を受け急遽太陽光発電設備の導入を検討する事となりました。
 当初は太陽光発電設備の導入は考えていなかったのですが、震災で原発事故や今後の環境の事を考えさせられ、太陽光発電設備の導入となりました。今まで検討していなかった設備が急遽入る事になった為、屋根面積が十分とは言えない状況でした。パナソニックのHITという高効率の太陽光発電によって3kwシステムを設置することができ、旦那様も納得のご様子でした。
 M様邸は高齢になるお母様と同居になるという事もあり、バリアフリーはもちろんの事、車椅子でも楽に使える洗面所やトイレにしてあります。さらに蓄熱式暖房機を導入したので、冬場の朝に寒くて起き上がれないとい事も解消され、お母様も喜んでいるようです。

リフォーム実例1-2

事務所新築に太陽光発電システム設置!(小名浜 S社様)
(パナソニック 太陽光発電 215W×44枚=9.46KWシステム 平成23年5月竣工)
(床面積 415.63㎡ 折半屋根 屋根面積 約140㎡)

新潟に本社がある「S社」様。事務所の建替えをお考えの際、太陽光発電システムを同時に検討されていました。磐越道を渡った反対側のいわき市へは、営業所を訪問するたびに光の多さに大変関心を持たれておりました。その強い思いが9.46KWシステムという大きなシステムの導入となりました。今回はあえて太陽光発電システムを10KW未満にして、余剰電力の売電金額を48円にて設定をいたしました。(※)

平成23年7月の成績は、
ご使用量ご使用料金
従量電灯C 20KVA535KWH17,929円
低圧電力 11KW契約297KWH16,133円
売電量売電料金
太陽光発電システム9.46KW595KWH28,560円

従量電灯Cに関しては、使用料金を上回る結果となりました。また一か月の差引電気代も事業所としては、驚きの約5,500円になっており、大変喜ばれております。全量買取になる前の試みでしたが、余剰電力の売電金額(48円/KWH)をうまく活用した事例となりました。

リフォーム実例2

※売電金額48円/KWHは平成22年度の申込で終了しております。

思いたったが吉日!決断が功を奏す。(小名浜 Y様 ユニットバス)

リフォーム実例3-1

Yさんは、今回の震災がきっかけでリフォームしました。 写真で見て分かるように殆ど被害らしい被害は見受けられず、そのまま使用しても問題がないかの様にみえます。少々ヒビが入ったものの、部分的な補修をタイル屋さんにお願いし使っていました。しかし、部分補修をしたとはいえ、また同じような地震が来ないとも言えないということで、思い切って頑丈なユニットバスのリフォームに踏み切りました。

工事に入り、解体作業が進むとタイルを剥がした下の木材に腐りがありました。これにはYさんも非常に驚き「思い切ってやって良かった!」とおっしゃっておりました。 タイル工法とは異なり、ユニットバスは非常に機密性が高く、頑丈で水漏れも起こらないという利点があります。もしこのまま使用していたら木の腐食はどんどん進み最終的にはシロアリなどの被害も十分考えられます。Yさんは「水まわりは定期的にメンテナンスをすれば家は長持ちすると言われた意味を再確認させられた」と解体現場でおっしゃっていました。  ユニットバスにはジェットバスも導入し、断熱性能も高い浴槽を選びました。これからはタイル特有の冷えや、地震の心配からも解消され、ゆっくりと一日の疲れを癒してくれるでしょう。

リフォーム実例3-2

防水工事と同時に太陽光発電システム設置(勿来 J社様)
(フジプレアム社 195W×21枚=4.095Wシステム 平成23年1月完成)

勿来に工場があるJ社様。J社様は、化学系の工場です。今回は、社宅の上に太陽光発電システムを設置することになりました。ちょうど防水工事も同時に考えており、ロンシール工業さんの塩ビシート一体型の金具を使用した東北では初の試みです。

全面的に水処理を行いその上に塩ビシートをかぶせます。シート式の防水であれば、重量物であるコンクリートの基礎を作る必要がなく、建物にも工期またコスト的にもリーズナブルで行うことが可能になり、今回の採用になりました。  社員食堂もあり、日中の売電は一般の住宅に比べ期待はできませんでしたが、自家消費の分を、太陽光発電システムで賄うことが出来、担当のS様も喜んでいます。

リフォーム実例4

おばあさんのためにバリアフリーもかねて大改装!(洋向台 S様邸 浴室+洗面台+キッチン+オール電化+床+クロス)
平成24年2月実施

リフォーム実例5-1

S様は築20年の家をリフォームしようと検討しており、おばあさんの為に「バリアフリーにしたい」と考えておりました。そこで、バリアフリーもふくめ、メーカー、弊社、S様で入念な打ち合わせを行いました。まずバリアフリーのメインとなるのは浴室と脱衣場でした。既存の状態では脱衣場と浴室の間に段差があり、介護を必要とするおばあさんには負担となる部分でした。まずその部分を解消すべく、浴室と脱衣場の段差をなくしフラットな作りにしました。また浴室内での負担も軽減するためにお風呂の床と浴槽とのまたぎ部分を極力低くし、あわせて、入口、浴槽横、浴室壁、そしてシャワーフックに手すりを設置しました。

浴槽にはご主人のこだわりもあり、タカラスタンダード製のホーローシステムバスを採用。ご主人いわく、「冷めにくいホーロー浴槽は非常に快適」ということで、実際に一日前に沸かしたというお風呂の水を触らせて頂いたら、ほのかに温かく、その実力に驚かされました。洗面台も同じくタカラスタンダード製で、下の収納部分を交換しました。幅は余裕のある、120センチタイプで、カウンターは人造大理石のフラットカウンターを採用。そこにサーモスタット式のシャワー水栓を付けて、カラーは浴室、洗面台ともに、落ち着きのあるブラウン調でまとめました。

リフォーム実例5-2

キッチンはクリナップ製のステンレスシステムキッチンを採用。キッチンには一番使用される奥様のこだわりがあって、「まず収納部分を充実させたい」との声から台輪部分が収納空間となりおおきな収納スペースを実現したフロアコンテナを取り入れています。 また、シンク部分も広い作りで手入れがしやすくなっており、サイレントシャワー水栓で音や水ハネを大幅に低減できる仕様となっています。  太陽光発電システムも導入しましたので、それにあわせて、太陽光発電システムと非常に相性の良いオール電化も導入しました。

オール電化の電気契約ですと深夜時間帯の電力が格安になる代わりに、深夜以外の時間帯の電気代が通常の契約よりも高くなります。しかし、太陽光発電を導入していれば、日中は太陽光発電システムが発電する事で、家庭内の電気を賄ってくれるので、高い電気代を買う時間帯が大きく減り、お得に電気を使う事ができるのです。  給湯部分を担当するエコキュートはご主人の好きな、三菱製のフルオート460Lタイプ。しかも最新式の気泡で配管を洗浄するマイクロバブル機能付きです。もともと、追いだき機能付きの給湯器を利用していたので配管部分は既存のものを活かしながら設置しました。

リフォーム実例5-3 リフォーム実例5-4

コンロ部分のIHクッキングヒーターも三菱製で、3口タイプのIHに、センターグリルも付いていて、しかもレンジフードと連動式(コンロを使うと自動でレンジフードが作動する)というすぐれものです。  キッチン部分と脱衣場の床も張り替えました。キッチン床はクッションフロアからフローリングへ交換しました。色も明るい茶色のもので、やさしいイメージのキッチンになりました。またキッチン部分とリビングの間にあった壁を開口して、段差もなくし、フラットにした事で、広々とした空間を演出することができ、行き来もスムーズにできるようになりました。脱衣場には湿気を考慮してフローリング調のクッションフロアを貼りました。

最後にクロスの張替えですが、リビング・キッチン・廊下・脱衣場の壁、天井のクロス材を統一して、一体感をもたせて張替えをしました。クロス張り替え後は非常に明るい空間となりました。今回のリフォームでお家は新築のようによみがえり、S様ご夫婦もおばあさんもライフスタイルに合わせて、生まれ変わった住み心地の良い家で、新生活を満喫しているようです。

リフォーム実例5-5

上へ戻る