お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-4082-33

リビングソーラー& 太陽と生きる 太陽で生活する あしたのためにできること。 リビングソーラー
太陽光発電のことならリビングソーラーにご相談ください。

「あしたのためにできること」

リビング=生きている
ソーラー=太陽の光

「太陽の光を生かした住宅と生き生きとした住生活を提供したい」を意味する言葉です。

【リビング=生き生きとした】

「住まい」とは、家族との団らん、今ではペットのふれあいなど、たくさんの思い出が刻み込まれ皆様を見守る場所であり、思い出とともに新しい夢をはぐくむ場所あると考えています。

私たちは、「地球にやさしく」「家計にやさしく」「人にやさしい」快適生活を提供し、「太陽の光を生かした住宅と生き生きとした住生活を多くの人に提供する」というミッションを通して皆様の「新しい夢と生涯設計」を現実にすることが、皆様と私たちの喜びの原点であると考えています。そして長く付き合える「生涯顧客」をモットーに「まじめに」「誠実に」皆様の快適生活に寄り添っていきます。

私たちと「あしたのためにできること」を一緒に考えてみませんか。

【ソーラー=太陽光】

地球に降り注ぐ1時間の太陽光エネルギーは、1年間に使用する人類の総消費エネルギーよりも多いとされております。「このエネルギーを利活用しない方法はない」と誰しもが考えておりますが、日本では遅々として進められておりません。2012年により始まった「固定買取制度」により急激に設置件数は増えましたが、それでもまだ日本の発電供給量割合に対し1桁台の前半で、化石燃料ならびに原子力を利用した発電設備は、東日本大震災を契機に見直されております。福島県では、「2040年までに、福島県内で必要とされる消費エネルギーを再生可能エネルギーで100%までにする」という壮大な目標があります。地方創生と叫ばれている中、地産地消を文字通り推進できるシステムであると同時に、福島県内にある企業として必ず達成できる目標であると確信しております。

私たちは、その担い手になるべく「設計・建設・メンテナンス」までワンストップでのサービスを提供することで、再生可能エネルギーの代表格である「太陽光発電システム」を基幹エネルギーとしての確固たる地位を築くお手伝いをし、人々の暮らしや社会への貢献に努めてまいります。

代表取締役 小野信彦