" "
本文へ移動

太陽光+蓄電池+V2H(再生可能エネルギー)

シャープ搭載率全国「1位」の実績

弊社では、「設計力」と「提案力」が決めてとなる、SHARPの「住宅用太陽光発電システムのルーフフィット設計搭載率」にて、全国1位の表彰を受けました。太陽光発電システムの機器を設置するだけでは本当のご提案とは言えません。住宅の設計・構造の知識・経験と、住まれている方の暮らしまで考慮したご提案をさせて頂いております。

太陽光発電システムのメリット

その1「クリーンで枯渇しない」

太陽光発電の最大のメリットは、エンルギー源が無尽蔵でクリーンである点です。石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時に二酸化炭素や、硫黄酸化物、窒素酸化物などの大気汚染物質を発生させることはありません。
ちなみに、結晶系シリコン太陽電池による二酸化炭素削減効果は1kwシステム当たり年間で314.5kg。原油削減量は、1kwシステム当たり年間で227リットルになります。

その2「設置場所を選ばない」

太陽光発電は、導入するシステム規模に関係なく発電効率が一定です。設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができるため、一般家庭から大規模施設まで、それぞれの施設に合ったシステムを設置することができます。騒音や排出物もないので、日射量さえ確保できれば、設置場所を選びません。屋根や屋上なとへの設置のほか、近年ではビルの壁に設置するケースも増えています。

その3「メンテナンスが簡単」

太陽光発電システムは構造的にシンプルであるため、ほかの発電システムに比べメンテナンスも簡単です。システムの寿命も比較的長く、現在、太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数は、20年以上とされています(設置場所などの諸条件によって変わります)。

蓄電池のご紹介

毎日使う電気を賢くコントロール

平常時

電気をたくさん使う朝夕に放電することで、割高な電気の購入を抑えます。

【売電しながら節約、家計をサポート】
太陽光発電で余った電力は売電し、夜間の割安な電力を蓄電。溜めた電力は、発電量の少ない朝夕などの時間帯に使用できるので、割高な電力の購入を抑えることができます。

停電時

万が一の停電時でも、電気を使える暮らしをサポートします。
 
【日中つくった電気を、夜は蓄えた電気を使用します】
太陽光発電システムで発電しながら、余った電気を蓄電します。
夜は蓄電池から電力供給を行い、テレビや照明など接続した機器を一時的に使用することができます。

太陽光+蓄電池+V2Hのメリット

家庭で電気をためられる「蓄電」システム。
太陽光発電でつくった電気をためることで、夜間や非常時にも自家製の電気が使えます。
V2H(Vehicle to Home)とは、電力を蓄えた電気自動車(EV)を家庭用の電力源=蓄電池として利用することを指します。
一般的な電気自動車は家庭内のコンセントから電力を得て充電することができますが、電気自動車から家庭で使用する電力を得ることはできません。しかし、V2Hではパワーステーションを使いその両方を可能にします。そのため、V2Hは「走る蓄電池」と表現されることがあります。電気自動車は家庭用蓄電池と比べ、容量が大きいことがメリットです。
新しく登場した「トライブリッド蓄電システム™」は、自宅の電気はもちろん、
新たに電気自動車やPHVとも組み合わせられるようになりました。
太陽光の電気を使うことで、電気自動車はソーラーカーとして生まれ変わります。
自宅と電気自動車の間で電気を移動させる「エレムーブ™」によって、家もクルマも電気の自給自足を目指します。
停電したときも蓄電システムがあれば、蓄えておいた電気が使えて安心です。さらに、トライブリッド蓄電システム™なら電気自動車にためた電気も使うことができるので、長期間の停電でもしばらくの間電気が使えます。蓄電池の電気を使いきっても、太陽光で発電すれば、また蓄電池に電気を蓄えられます。

V2Hを設置されたお客様の声

 我が家では6年ほど前にリーフ(24kWh)を購入しました。家に電源があればさらに便利ですし、家庭用の電源が広まってきたこともあり、V2Hの購入を検討。設置済みの太陽光発電を有効利用でき、高性能なニチコンのEVパワーステーション プレミアムモデルを設置しました。
 操作は手軽にスマホでできます。設定もペアリング程度なので簡単でした。充電状況も随時確認でき便利ですが、もう少しシンプルな表示で詳しく見れるとよいと感じました。
 太陽光は4kw未満ですが、余剰電力をEV車に貯めてみると、天気の良い日はお昼頃には満充電になります。もちろん、余った分は売電しています。V2H導入後、昼間の電気使用量は80kWhを超えることがほとんどなくなり、大きな経済効果も感じられ導入は正解でした。
 注意点としては24kWHタイプのリーフにはタイマー制限があり、10~12時間位で放電が止まってしまうことです。(62kWhのリーフにはタイマー制限がないそうです。)
【いわき市 I様】

電気自動車の利用も含めてカタログを用意していますが、ネットでも確認できます。

マンガで分かる2019年問題

▼お気軽にお問い合わせください

 資料請求・お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0120-4194-53
(よいくらし-コミット)
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
株式会社リビングソーラー
〒971-8132
福島県いわき市鹿島町下矢田字沢目4-10
TEL.0120-4194-53
(よいくらし-コミット)
----------------------------------
住宅リフォーム工事
太陽光発電システム工事
オール電化工事
外装エクステリア工事
屋根・外壁塗装工事
建設資材販売
太陽光発電システムO&M事業
太陽電池リユース・リサイクル事業
ライン登録でお得な情報やクーポンあり
TOPへ戻る
" "